滅菌へのこだわりについて

治療器具の滅菌処理は、院内感染に直結する部分であるため、神経質になっている歯科医院も少なくありません。川口市の歯医者「クリスタルデンタルクリニック」では、徹底した滅菌による院内感染防止に取り組んでいます。

滅菌と消毒の違い

歯科医院では通常、お口の中に入れる器具は診療ごとに滅菌もしくは消毒が行われます。

滅菌 すべての微生物を死滅させる → 無菌状態になる
消毒 付着した微生物を減少させる → 微生物が残っている可能性がある

つまり消毒だけでは、完全な無菌状態にならないのです。また、器具の材質や用途によっても、滅菌・消毒は使い分けられます。

歯科治療において、院内感染防止は最重要課題だと私たちは考えています。適切な滅菌・消毒が不可欠。当院では、より厳密な感染対策、衛生管理のために、徹底した滅菌を行っています。

当院では切削器具の滅菌も行っています

  • 減菌された切削器具01
  • 減菌された切削器具02
  • 減菌された切削器具03

当院では、歯科医院での採用率がまだ全体の3割程度といわれる、タービン、ハンドピース類をはじめとした切削器具までしっかり滅菌しています。診療ごとに分解し、高圧蒸気滅菌器で滅菌。患者様へ安全な治療をご提供するため、厳しい衛生管理を行っておりますのでご安心ください。なお、滅菌が難しい素材の器具は、可能な限りディスポーザブル(使い捨て)製品を採用しています。

ページのトップへ戻る