ブラッシング時に出血があるなら……歯周病の可能性があります

  • ブラッシング時に出血があるなら……歯周病の可能性がありますのイラスト01
  • ブラッシング時に出血があるなら……歯周病の可能性がありますのイラスト02

歯周病は、プラーク内に生息している歯周病菌が原因の感染症です。歯ぐきに炎症が起き、歯を支える顎の骨が溶け、最終的には歯が抜け落ちてしまうこともあります。

歯周病は免疫力と関係する病気で、免疫力が低下し始める30代くらいから誰しも発症する可能性を持ちます。歯ぐきに違和感や痛み、歯のグラつきなどの気になる症状があれば、お早めに当院までご相談ください。

【歯ブラシに血が・・・これって歯周病?】

歯ブラシに血が・・・これって歯周病?の写真

歯周病の代表的な症状として挙げられるのが、ブラッシング時の出血。ですが、「出血=歯周病」だとは限りません。もちろん、歯周病の可能性は高いのですが、もう一つの理由として歯ぐきをみがきすぎて傷つけている、という可能性があります。みがきすぎの場合は、歯肉を傷つけていることになるので、歯周病リスクを高めることにもつながります。適切なブラッシング方法を身につけて、優しくマッサージするようにしましょう。

歯周病の進行段階と治療法について

歯周病の治療は、進行段階に応じて行われますが、基本は歯石をしっかりと除去すること。ブラッシングでは歯石除去はできませんので、歯科医院できちんと処置を受けましょう。

歯周病の進行段階 状態 治療法
軽度歯周炎
軽度歯周炎のイラスト
歯周病の目安となる、歯周ポケット(歯と歯ぐきの溝)の深さが3~4mm。歯周ポケットに歯石やプラークがたまり、歯ぐきに炎症が起き、やや赤みを帯びます。痛みなどの自覚症状はほとんどありません。
  • 「スケーラー」と呼ばれる専用器具で歯石を落とすスケーリングを行います。
  • スケーリングで除去できない汚れはルートプレーニングで除去します。
  • ブラッシング指導を行い、適切なブラッシング方法を身につけていただきます。
中等度歯周炎
中等度歯周炎のイラスト
炎症が広がり、歯周ポケットが4~6mmと深くなっています。歯を支える顎の骨の吸収が進行し、歯がグラつき始めます。歯ぐきに腫れや出血、痛みなどの自覚症状が現れ始めます。
  • 適切なブラッシングができるよう、ブラッシング指導を継続します。
  • スケーリング&ルートプレーニングを行います。
  • 症状に応じて外科的処置を行います。
重度歯周炎
重度歯周炎のイラスト
日常的に、歯ぐきに腫れや炎症、出血が見られ、激しく痛むこともあります。指や舌で触れることで歯がグラグラ動きます。この段階になると、抜歯が必要となるケースがあります。
  • 症状に応じて外科的処置と、骨や歯肉の再生治療を行います。

当院の治療方法について

川口市の歯医者「クリスタルデンタルクリニック」では、歯周病治療にレーザーや高周波治療器を活用しています。

レーザー治療器

レーザー治療器の写真

進行した歯周病に効果を発揮します。歯周病に冒された歯肉を治療するだけでなく、患部の殺菌効果、消炎効果、治癒促進効果も期待できます。また、切開手術が必要なほどの重い歯周病にも最適です。膿を出すなど切開する時の痛みを抑え、傷口も小さく抑えられます。

高周波治療器(コスモキュアー)

高周波治療器(コスモキュアー)の写真

高周波治療器は、歯周ポケット内部に生息している細菌を高周波で除去します。歯ぐきの腫れを解決するだけでなく、予防ケアにも活用できます。

ページのトップへ戻る