過去に来院された方で、治療を中断してしまった患者様へ

治療が終わってないのに通院をやめてしまったから行きにくい……
きちんと通院するのが苦手だから心配……
途中で行かなくなったことを怒られるんじゃないか……

歯科医院の予約をすっぽかして気まずい想いをされている方はいらっしゃいませんか? また、治療の完了を伝えられてないのに、勝手に歯医者へ通うのをやめてしまったということはありませんか? このような経験があると、次に何かのトラブルが起きたときに同じところへ通いにくいと感じてしまう方は少なからずいらっしゃると思います。しかし、川口市のクリスタルデンタルクリニックでは、過去に治療を受け、何らかの事情で通院を中断された方にも、遠慮なくご来院いただきたいと考えています。

治療を途中で中断する危険性について

治療を途中で中断する危険性についての画像

治療を途中で中断すると、口腔内環境が悪化しやすくなります。たとえば、虫歯や歯周病といったよくあるお口の病気は、きちんと治療をしないと最終的に歯を失ってしまうことがあります。また、次のようなケースも考えられます。

仮歯が入った段階で通院をやめてしまった場合

仮歯が入ったことで、「仮歯のままでもしっかり噛めるから」という理由で通院を億劫に感じて中断される方がいらっしゃいます。しかし、仮歯はあくまで仮歯ですので、長期使用に耐えられるよう作られていません。また、仮歯は正式な技工物の入れ替えのために外れやすく取り付けられているため、細菌が侵入しやすく再発の危険は免れません。さらに、仮歯がズレることで全体の噛み合わせが乱れ、他の健康な歯にも悪影響を与えてしまうことも。

歯がない部分があっても痛みがないために通院をやめてしまった場合

歯を失ったところがあっても、「痛くないから」「奥歯で目立たないから」といった理由で通院を中断されてしまう方は、意外に少なくないのではないでしょうか。歯を失った場合、できるだけ早めに人工歯などで補う必要があります。放置していると、咬み合う歯が伸びてきたり隣の歯が倒れ込んできたりして、全体の噛み合わせを乱すことにもなるのです。

治療は最後まで受けましょう

治療は最後まで受けましょうの画像

歯の治療は、「痛くなくなった=完治」ではありません。その後続くはずの治療を受けないままでいると、症状の再発や悪化が考えられます。歯の治療は、歯に少なからずダメージを与えるものです。ダメージを最小限に抑え、次のトラブルを招かないためにも、最後までしっかりと治療を受ける必要があるのです。

当院では、治療を中断されている方に積極的な再来院をおすすめします。来なくなったからといって怒るようなことはありません。むしろ、中断していた間の口腔内環境の悪化を心配しています。治療後、一定期間を経過したらリコールハガキもお送りしていますので、「気まずいから」と思わず、お気軽にご来院ください。お口の検査データなどが残っているため、別の歯科医院でイチからやり直すよりも効率よく治療が進みますよ。

ページのトップへ戻る