虫歯は放置していても治りません

  • 虫歯は放置していても治りませんのイラスト01
  • 虫歯は放置していても治りませんのイラスト02

歯が痛い、しみるといった症状がある場合、虫歯の可能性があります。虫歯は自然治癒することなくどんどん進行し、最終的には歯を抜かざるを得なくなります。ですが、早めに治療をすれば歯へのダメージも軽く済み、歯を残すことにもつながります。「虫歯かな?」と思われる症状がありましたら、お早めに川口市の歯医者「クリスタルデンタルクリニック」へご相談ください。

虫歯のなりたち、原因について

虫歯は、虫歯菌の出す「酸」によって歯が溶かされることから始まりますが、そこへ至るまでにはさまざまな要因が関係しています。口腔内環境が人それぞれ異なるように、虫歯を発症するまでの道筋も人それぞれです。虫歯になる4つの大きな原因を知って、ご自身の虫歯リスク低減にお役立てください。

虫歯になる4つの要因

虫歯になる4つの要因のイラスト

虫歯菌 糖分
お口の中に無数に存在する細菌のひとつが虫歯菌です。虫歯菌は「糖分」をエサに「酸」を出し、その酸によって歯が溶かされます。 甘いものに多く含まれている糖分は虫歯菌の大好物。食後、お口の中に糖分が残っていると、それを栄養源に「酸」を生み出し、歯を溶かし始めます。
ブラッシング 歯質
虫歯菌の活動が活発化するのは、食後30分くらいから。虫歯菌が糖分と出会って酸を生み出す前に、しっかり食べかすをお口から取り除きましょう。 そもそも歯質は人によって強弱が異なります。歯質が弱いと虫歯菌の出す酸に溶かされやすいため、虫歯になりやすくなります。

虫歯の治療方法

進行段階 状態 治療法
C0 虫歯の治療方法01 歯の表面のエナメル質がわずかに溶かされています。表面がわずかに白濁して見える程度で、自覚症状はほとんどありません。 この段階であれば、適切なブラッシングでプラークを落とし、フッ素塗布で再石灰化を促すことで治癒させることもできます。
C1 虫歯の治療方法02 エナメル質の虫歯。エナメル質が溶かされ、黒ずんでいる状態です。ここでもまだ、痛みなどの自覚症状はありません。 虫歯になっている歯質を削り、白い歯科用プラスチック(レジン)で補います。
C2 虫歯の治療方法03 エナメル質の下層にある象牙質まで虫歯が進行しています。冷たいものや甘いものを口にすると、歯がしみる症状などが出てきます。 C1と同じように、虫歯部分を削ります。C1よりも深いため、歯に合わせて作ったインレーを装着します。
C3 虫歯の治療方法04 歯の内部を通る歯髄(神経や血管)まで虫歯に汚染されている状態です。冷たいものや甘いものだけでなく、温かいものもしみるようになります。また、何もしなくてもズキズキと痛みが生じます。 虫歯に汚染された歯髄を取り除き、上部にクラウンを装着する、根管治療を行います。
C4 虫歯の治療方法05 歯の大部分が溶かされている状態です。すでに神経は死んでいるため、痛みは感じません。しかし、放っておくと内部で膿んだり炎症を起こしたりして、激しく痛むようになります。 ここまで虫歯が進行すると、抜歯が必要となります。抜歯後は、インプラントといった補綴(ほてつ)治療で歯で補う必要があります。

深い虫歯を治したい「根管治療」

深い虫歯を治したい「根管治療」のイラスト

虫歯がC3以上になると、抜歯のリスクが出てきます。しかし、抜歯は1本の歯の寿命を終わらせるだけでなく、隣り合う歯や咬み合う歯など、周囲の歯の歯列を乱す原因となるため、できれば避けたい方法。そこで、採用されるのが「根管治療」です。

根管治療とは?

根管治療とは、虫歯に汚染された歯髄を根管内部からきれいに取り去り、内部を消毒・洗浄・殺菌し薬剤を詰めた後、上部にクラウンを装着する治療法です。天然歯の根っこだけを残して、抜歯で起こりうる口腔内環境の悪化を防ぎます。

クラウンを被せる際の土台がしっかりできていないと、どんなに上質な人工歯を取りつけたとしてもダメになってしまうケースがあるため、治療には精密さが求められます。通院回数が増えてしまうため、治療を途中で中断される方もいらっしゃいますが、いつまでも自分の歯を使うためにも、最後まで根気よく通院して治療に取り組みましょう。

ページのトップへ戻る